クリニック継承で重要な“概要書”って!?

今回は、クリニック継承で重要な「概要書」について解説致します。

◆そもそも概要書って?

クリニック継承において欠かすことのできないが「概要書」です。
承継開業をご検討中の方が案件を判断するための情報は、確定申告書やクリニックのホームページ、レセプトデータなど様々な形で存在していますが、これらの情報を収集・精査してわかり易く整理し、まとめたものがクリニックの「概要書」となります。
この概要書が、後継者探しにおいて「自院をアピールするプレゼンテーション資料」として重要な役割を果たします。
概要書には決まった書式があるわけではないので、仲介会社(コンサルタント)によって内容は異なりますが、参考までに基本的な構成についてご紹介します。

  1. 承継概要
    • クリニック名
    • 所在地
    • 創業・創立
    • 院長
    • 貯金医業収益
    • 職員数
    • 許認可
    • 譲渡理由
    • 標榜診療科 等
  2. 損益計算書(3期分)
  3. B/S
  4. 売り上げ内訳
  5. 譲渡内容
  6. 希望条件
  7. その他、院長プロフィール、平面図、主要医療機器、競合等

概要書の主な構成は、まず最初に承継概要をまとめた後、上記の2以降の詳細資料を出していくという流れになります。
※下記資料は、弊社が作成する概要書の一部を抜粋したサンプルです。

◆しっかりした概要書を作ってくれるかが判断基準の一つ

弊社を含めクリニック継承を行う仲介会社の場合、まずはこの概要書を基に問い合わせのあった後継者候補の方に承継案件を提案していきます。
しかしながら、前述のとおり概要書の作成にあたっては、
①書類・データ収集を行う
②データからそのクリニックの状況・ポテンシャルを見極める
③分かり易くまとめて整理し直す
という、非常に手間のかかる工程を踏む必要があります。

そのため、仲介会社の中には概要書の作成を行わず、後継者候補の先生に承継案件をご提案する際には、クリニックの生データ(※)をそのまま提示するといった会社も珍しくありません。
※生データ…クリニックのホームページ、確定申告書・決算書、賃貸借契約書、レセプトデータなど

もちろん、後継者候補の方が財務や経営について詳しい知識を有している場合ば、こうした生データからクリニックの状況を読み取ることも可能かもしれませんが、忘れてはいけないのは、後継者候補の方の大半は勤務医の先生であるということです。
ですので、概要書なしで大量の生データだけを見せられたとしても、買う・買わないの判断ができないという結論になります。

これらのことを踏まえ、クリニック継承を仲介会社(コンサルタント)に依頼する際には、その仲介会社が概要書を作成してくれるのかどうか、また作成してくれる仲介会社の中でも、どこに依頼するべきか迷われている場合は、概要書のサンプルを提示してもらうなど仕事の丁寧さを比較してから依頼先を決定されることをお薦めします。

◆クリニック継承や閉院に関するご相談、無料で承ります

いかがでしたでしょうか?
後継者候補の先生にご自身のクリニックをより魅力的にアピールするために重要となる「概要書」。
弊社では、これまで600件以上のクリニック支援実績を持つ日本医業総研と提携し、先生からいただいた資料やご希望に沿って丁寧に「概要書」を作成致します。

また、先生からのご相談やご質問も随時承っております。
既に他社にご相談されている場合や、閉院をご検討中の先生にもセカンドオピニオンとしてご活用いただける無料診断サービスも実施しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。